検索
  • info@hr-ini.com

海外で働くことの意義


海外で働くことには幾つかの意義があると思います

ここでいう海外で働くというのは、会社命令の転勤による海外勤務ではなく、転職によって海外勤務をすることです。

社内転勤による海外勤務は、単に、これまでの仕事の延長で社内スキルの上に成り立った日本人会社社会から一歩もでない人がとても多いからです。

会社で日本語で仕事をし、日本料理屋で夕食、お酒も日本人御用達の飲み屋さんというパターンの方がとても多いです。

そうでない方は、海外勤務で「やりがい」を感じ、転勤による海外勤務を経験した後、転職して海外で働く方が多くいらっしゃいます。

私もそうでした。大企業に定年まで勤務すればアドバンテージが多かったかもしれませんが、私にとっては海外勤務は仕事人生の中では最も良いステージでした。

海外勤務では、若くしてトップマネジメントを任されたり、多くの部下を抱えて指導的立場で仕事をしたり、日本人という「スキル」のスペシャリストとして差別化された仕事を任され、「大きなやりがい」を感じることができます。

大企業で働く普通の社員から、外国人従業員という特殊なポストに就くことで「特別」なビジネスマンになるのです。


56回の閲覧