検索
  • info@hr-ini.com

中国の大学生のインターンシップ受入れのお勧め


中国は今日、旧暦の1月1日 新年です。新年快乐!

日本側では労働力として、学生側では大学の単位取得、日本語、日本文化の学習とアルバイトとして

外国の大学で日本語を学ぶ学生のインターンシップの受け入れ先を募集しています。

以下に概要をご紹介いたします。 【中国の大学生のインターンシップ】 1.有給インターンシップです。目安は時給900円位(月12万円位)です。アルバイトと同じような仕事もできます。   社保不要、源泉は不要(租税協定あり)、学生は海外保険加入済です。 2.日本語専攻学生はホテル、旅館、免税店、観光地のお仕事などでも実績があります。 3.時期、期間 4年生卒業前の3−6か月間(春節後2月〜卒業7月) 4.豊富な人材の中から優秀な人材の社員採用の手段(実質的な使用期間)としても利用できます。 【特徴】 1.中国の大学生は、4年生の最後の学期(半年)必須単位としてインターンシップを行います。   これまでは国内企業で行っていましたが、特に日本語学科の学生はアルバイト感覚で日本での   インターンシップが人気です。(ビザの種類は特定活動) 2.日本語専攻の学生の多くは日本語1級に合格しコミュニケーションの問題はありません。 3.中国では日本語専攻のある大学は国立大学が多く、優秀な人材です。 【受け入れのメリット】 1.職場メンバーへの刺激、異文化との接触による職場チームワーク向上、職場の活性化 2.人手不足対策 3.インバウンド関係業種においては口コミによる集客が期待できる。 【留意事項】 1.一般的な条件として、宿舎提供(相部屋可)、食事提供(食事手当可)としています。   これは中国では一般的企業は、従業員に宿舎と食事を提供するからです。 2.インターンシップ受け入れ企業のご負担は、給与、宿舎、食事などです。来日費用等他は学生の自己負担です。 3.日本でのビザ取得には3か月の期間を要します。    余裕を見て9月ごろ申請すれば1月春節前までビザ取得可能です。


0回の閲覧